その時、単純に誰かとセックスしたかった。
出会い系サイトの掲示板に即アクセス。
割り切りの募集は腐る程に溢れている。

にほんブログ村 恋愛ブログ 口説き方・口説かれ方へ
にほんブログ村

そこで女性を吟味して、スタイルの良さそうな女性を優先的に選び出す。
それから、1時間半程度で、19才の初対面の女性と会うことができ生セックス。
出会い系にアクセスしてから、実際にホテルで挿入するまで、
約90分の速攻の出来事だ。

全く無駄のない動きをしたと思う

ギャル

俺も最初は援助交際希望の子を探していたわけではない。
ただ、手っ取り早くセックスをしただけ。

だが、掲示板で気になった子とメッセージのやり取りしていたら。
少しだけ助けて欲しいという話になって金額もホ別で1。
まぁいっかなって思って援助することにした。
割り切りの相場にしては超安。
出会い系の写メを見る限りスタイルが綺麗でそそられた。

そんな女と生本番でセックスができるなら1万円は激安だとは思わないだろうか?

ナンパとは違い、面倒臭いウダもないし、デートや食事をする必要もない。
真っ直ぐホテルに直行して、即ハメする興奮を味わうことができるからだ。

相手は専門学校に通っている19歳の女の子。

待ち合わせ場所にせっかく行っても彼女が現れないとか、
条件内容が違うとか言う話になったら嫌な思いをするだけ、
と思いメールで大まかなお互いの意思疎通は取ることにした。

この一手間が割り切りの出会いによる失敗や損失を軽減できる。

「援助1はするけどその内容は?」って送ると、
「ゴムありでお願いします。」と返事が来た。

女の子は援交初めてなのかよくあるフェラナシとか、
キスナシとか言ってこないしやっぱり慣れてないのかなって思った。

取りあえず「条件は生本番ありね、わかったよ。
こっちはノーマルだけどフェラ、キスありでお願いね。
セックス楽しもうね。」と返事をする。

出会い系の掲示板で約束した後。
お互いの連絡手段としてLINEで連絡先を交換。
この段階まで進んだら約束をスッポカサれる確率は少ない。
約束通り、待ち合わせ場所に現れた女は平均点を超えるスペック。
19才というのも嘘ではない幼さを感じた。
それどころか、17才くらいの高校生でも通じる若さ。
そのままホテルに直行。
最初に1払って、シャワーも浴びずに生セックス。

条件確認してたし、何も問題なかったけどいざって時にごねる子もいる。
割り切りの援助ならなおさら相手の条件と、
こっちの条件をある程度確認しておくことが必要だと思う。
割り切りだろうがそうじゃなかろうがマグロな女はつまらない。

セックスは、それなりに楽しめる女じゃないと会う意味も金を払う意味もない。
今回はその点では、大成功である。
容姿は80点!ただ、コミュ力は残念な感じでもあった。
それでも、2時間で生2発やったので良しとする。
これで、愛嬌がある子だったらパーフェクトな割り切りである。

神待ちしている女って、思わず保護したくなる。可愛い女性なら大歓迎だ。困っている女性を見返りなしに助けてあげるのも男のセルフイメージを上げる行為でもある。

にほんブログ村 恋愛ブログ 口説き方・口説かれ方へ
にほんブログ村

注意しておくが、神待ち女に、エッチな見返りを求めると汚い。

酷く自分が惨めになるので、エッチな見返りや下心を求めない余裕があるならば、神待ち女性を保護してあげることをオススメする。それに神待ち女から軽蔑されますからね。

神待ちしている女性は援助交際をする女とは違うのである。割り切りで出会いを求めている女性は身体を対価に金銭を求める。

しかし、神待ちしている女性が必ずしもそうではない。本音では、悪いとは思いつつも、無償で援助を提供してくれる神サマを求めているものである。

その代わりに、部屋を掃除してもらったり、料理ができるならば作ってもらうくらいの対価を求めるならば問題はない。むしろ、そのくらいの対価は当然だと考えている神待ち女性も多い。

一人暮らしの男性にとっては、見ず知らずの困っている女性を通じて、思い出に残る日々を過ごすことができる場合がある。その代わりに厄介事も引き受けてあげる器量が必要なのは言うまでもない。

神待ち

神待ち女が出没する場所

だが、神待ちしている女性は探しても、なかなか見つかるものではない。無料の掲示板などに書き込んでいるケースもあるが、運が良くなきゃヒットするものではない。勘違いしないで欲しいのだが世間で言われている神待ち掲示板などは存在しない。あったとしてもほぼ機能していないので、騙されないようにして欲しい。

出会い系サイトのアダルト掲示板

大手出会い系サイトの割り切りが目的の女性の中にも、神待ち女性が希に混じって募集している時がある。検索機能を使って、「家出」「DV」「泊まる場所」「泊めてくれる人」などと言うキーワードで検索してみいると良いです。ちなみに、「神待ち」と言う言葉は禁止ワードなので検索しても出てこない可能性があります。もしも、発見すると、神待ち女と出会える場合がある。

出会い系アプリの斎藤さん

斎藤さんは、無料の出会い系アプリだが、ここも神待ち女が存在する。だが、未成年の神待ちJKなども存在するので、サイバー警察が監視している可能性もある。様々な業者も多いが、根気よく探せば神待ち女と出会える場合があります。

カカオ掲示板などのID交換掲示板

カカオのID掲示板にも神待ち女は存在します。ほぼ男性の書き込みが多いので神待ち女を探すのは骨が折れる。運やタイミング次第では可能といったところである。

割り切りセックス
ウダを言わさずにラブホテルに誘うには?

答えは、ラブホテルに行くまでのプロセスを設計することだ。
理由がないと女は絶対にホテルへの誘いには乗らない。
まず、これを念頭にプロセスを設計することだ。

にほんブログ村 恋愛ブログ 口説き方・口説かれ方へ

プロセスとは、ホテルに誘う過程のことを言う。

一緒に飯を食いに行ったり、
ラインを通じての交流だったり、
一緒にデートをすることなど、
出会ってから現在に至るまでのプロセス全般を指す。

女を惚れさせる為のプロセスと、
女を抱く為のプロセスとは大きく異なる

それによって、ラブホテルへ誘う難易度は大きく変わるからだ。

女を惚れさせる為のプロセスは、
男の評価を高める為の、小さな行動の積み重ねです。
自分への評価ポイントを重ねる行為だと言っても良い。
だから、時間がかかるし、手間隙もかかる。

この途中に、ラブホテルに誘うとウダを言う女は多い。
更には、誘っている自分自身がラブホテルへと行く理由を切り出せずに、
ウダウダした行動を取ってしまう場合もある。

なぜなら、ラブホテルへ行く理由が見当たらないからである。

  • 付き合ってもいないのに?
  • まだ、相手のことをよく知らないのに?
  • 軽い女(男)だとは思われたくない

これらの疑問や不安を解消することができない人は大勢いる。
だから、ラブホテルに行く理由が見当たらないのだ。
仮に男が無理やりに誘っても、女からウダを言われる。

しかし、女を抱く為のプロセスを実行している男は違う。
全く逆のアプローチをしていると言って良い。

格好を付けずに、正直に振る舞う努力をしているのだ。
ヤリチンと言われる男性は、このプロセスを自然に実行している。

女を惚れさせる為だとか、付き合う為の行動ではないのです。
ここは、非常に重要な考え方なので、覚えておいて欲しい。

女を抱く為の考え方とは、
「お前を抱く為に、俺は行動している。」
だから、男女は最初に肌を重ねる必要がある。
なぜなら、「セックス以上のコミニュケーションってある?」

って言う信念を持ってコミニュケーションを始める考え方だ。

ここから、コミニュケーションを始めると、
ラブホテルに誘うのも楽だと思いませんか?

その為には、自分の大義名分を用意すると便利です。

例えば、相手を知るにはセックスが一番だと、
相手に堂々と公言すると面白い反応を得ることができるのだ。
俺は、女を抱く為のプロセスを設計する時は、
この大義名分を相手に理解してもらうように努めている。

その為の、デートであり、その為のラインでのコミニュケーションを取る。

もちろん、反論してくる女性も大勢いる。

だが、セックスによるコミニュケーションは言語を超える。

男女の本能に根ざした理念は、
理性ごときでカンタンに打ち破ることはできない。
男女の歴史はもちろん、人類至上の歴史を見ても、
事例などは腐る程あるからだ。

ハッキリ言って、キリスト教の影響により、
フリーセックスは間違っていると洗脳を受けていると俺は考えています。
そのほうが、権力者にとって都合が良いわけだからネ。
男女の歴史をよく調べたら、わかるかもしれませんよ。

古来の日本民族は、セックスからのコミニュケーションを良しとしていたのです。

この事実に、気付いていない女性も多いが、
実は内心、気付いている女性も大勢いる。

気付いている女性に伝えるのはカンタンだ。

飯を食っている最中に、この話題を口にして、
同意している様子があれば、それでラブホテル行きは決定である。
タイミングを見計らって、無言でホテルに行けば良い。

気付いていない女性に伝えるのは、
教育したり啓蒙する為の時間が必要です。

当然、それなりの理論武装や事例のネタも必要になる。

真剣に伝えたら、頑なに反対していた女性が、
きちんと納得してくれたりもするのです。
ちなみに、教養があって、頭の良い女性程、ハマります。

頑な女性が「なるほどね・・・」ってアハ体験をするプロセスを、
俺は何度も体験しています。変貌する瞬間はセックス並の達成感がある。

その結果、ラブホテルに誘ったら、
カンタンにセックスすることができるのだ。

ラブホテルへ行く為の、
プロセスが出来上がっていたら、
女は絶対にウダなんて言いません。

男女は、セックスしてから、理解し合う。
この考え方をもっと広めたい想いです。

理由付けさえすれば、ラブホテルに誘うのはカンタンです。

仮に、よく知らない男女が互いの感性により合意。
長い時間をかけてようやくセックス。
だが、本質的な部分で相性が合わなくて別れる。

その時間は、もったいないとは思いませんか?

札幌に住んでいる26才の女からしつこくラインに連絡が入る。
既読にはするが即返事は返さない。
札幌で熱い出会いを交わした女性だったが・・
返事をしない理由は2つあった。

札幌出会い

札幌に住んでいる友達とワールドカップの観戦に夢中だったこと。
(くっそ〜2点も一気に取られてしまって悔しい想いが蘇る。)

それと、相手の女がウルトラ級の美人でもあったからだ。
「え!超美人なのに!?勿体ない・・」と考えていたら、
それはウブな証拠でもあります。

にほんブログ村 恋愛ブログ 口説き方・口説かれ方へ
にほんブログ村

俺は美人の女であればある程に祖末に扱うように肝に銘じています。
連絡が来たからと言って、即座に返信するような愚挙は犯さない。
あえて、既読にして返事を返さないくらいに努めています。
もちろん、勝算あっての対応です。

超美人

その彼女とは以前、先輩の紹介で出会いを作った女でした。
某業界紙のモデル兼、広告代理店のOL。
彼女と翌日にデートをして、一番盛り上がった頃に、
わざと、用事が出来たと言って返した女です。

地元の東京に戻っている間も彼女からはたまに連絡が来ていた。
だが、俺はいつも、気が向いたときだけ返事をする程度。
そこで、今回、久しぶりに再会しようと思って、
札幌で出会う前に連絡を入れておきました。

「19日に札幌に遊びに行く。ヒマなら飲みにでもいかね?」

ラインで連絡した結果。
彼女からオッケーの返事。
だが、あえてその連絡を無視して放置。
2〜3日くらい経過して既読にした。
サービス精神でクマのスタンプを送ってあげる。
スタンプ後はしばらく放置。

それからと言うもの、
彼女から定期的にラインにメールが入る。

「もう札幌に来ているの?」

「着いたら絶対連絡ちょうだいね♪」

「何で連絡くれないの?」

こんな感じのラインを読みながら返信もしないで、
友達と札幌で違う女性と遊んでいた次第でした。
ちなみに、その友達は札幌の有名なナンパ師。
札幌で出会いを大量生産している強者。
夢中になった一緒に遊んでいたので、
たった1人の美人にはこだわらない余裕もある。

この記事を読んで、極意に気が付いている人は、
相当経験を踏んでいる人でしょう?(笑)

実はわざとそうしているのです。

そのほうが気を惹くことができるから。
女性がどんどん、ムキになってくるからです。
超美人であればある程にね・・

プライドが許さないのではありません。
理由が知りたいだけなのです。

心にうちでは、

「なんで?どうして??」

このような心境に陥るのです。
なぜなら、明らかに男性からモテる美人の女は、
幼少の頃より男に大切にされ過ぎています。
祖末に扱われる経験が圧倒的に少ない。
何か自分が悪いことをやったのではないかと、
疑いの気持ちすら生じて来る。

いつもは、自分が連絡した男性からは、
即座に返事が返ってくるはず。
なのに、既読にしたまま返事も来ない。

「あたし。悪いことを言ったかしら・・」

逆に気に病むようになる、
超美人や可愛い女性も珍しくはありません。

こうなったら主導権は男性側が握ることになります。
これは、美人の女を陥落させる為の立派な戦略なのだ。

多くの男性は美人や可愛い女性に対して、
甘やかしたり、鼻の下を伸ばして接します。
そんな男性は飽き飽きしている美人は少なくない。
だから、相手にもされないし、美人の気を惹くことができない。

これは、モテるヤクザから学んだ方法です。
あえて、祖末に扱って、女性のM性を刺激してあげる。

感情を刺激することができた男が勝つ。
優しいだけの男では、絶対届かない境地です。

ただ誤解してはいけないが、最初から祖末に扱うのではありません。
ある程度仲良くなった後に祖末に扱う。
この順番を間違えると、ただの嫌味な男になるだけです(苦笑)

ちなみに、その美人とは会うことができませんでした。
札幌を経つ前に、会ってやろうと思いましたが、
彼女に外せない用事があったので断念。

「せっかくエッチしてやろうと思ったのに・・・

ギリギリのところで、計算外の出来事。

自分がやられ返されたのか、
本当に用事があったのかは定かではない。
しかし、自分の力不足を認めるしかない。

引っぱり過ぎて自爆してしまったのは、
まだまだ詰めが甘いと学んだ次第です。
でも、途中のプロセスは大正解だったと断言できる。

美人にモテたい男性に役立てば幸いです。

前回の続きを書こう。

約束の時間、大阪モントレグラスミアのロビーに向かう。

大阪モントレ

ここは地上から20階の場所にあるから、
格好を付けるには最高の待ち合わせ場所である。
(既にチェックアウト済み)

にほんブログ村 恋愛ブログ 口説き方・口説かれ方へ
にほんブログ村

割り切り娘から紹介される素人娘はどのような女なのか?

俺の興味は、その一点のみである。

約束の時間の昼の12時。
俺は、待ち合わせ場所に付いた連絡をラインで送る。
10分経っても返事がない。

「もしや、ぶっちかな・・・」

一瞬、頭に不安がよぎる。

それから、5分くらいした後に、
ロビーに現れてくれて。
もう一方の女は、俺と濃厚なセックスをした割り切り娘。

その横には、同じようなギャル系の女。
やや足が太いのが気になった。

俺が発見した割り切り娘は、話しかけてきた。

「遅れてごめんなさい・・」

その女のセリフはどうでも良かった、
俺が気にしていたのは、横にいる女のスペックだった。
ハッキリ言って、超微妙だ・・・

ブスとまでは言わないが、決して可愛い女とは言えない。

「本当に素人か!?」

と言う疑問を抱く前に、女達をとりあえずは、
ホテル内にあるコーヒショップに誘う。
1杯1000円のコーヒーは高いが、
最初から、その予定だったので割り切る。

それにしても似つかわしくない雰囲気だ。

ホテルマンも違和感を感じたと思う。
ここに来るような客層とは明らかに違う。
ギャル二人に品のなさを隠しきれるものではない。
俺は選択ミスをしたことを認めた。

しかし、割り切り娘は過去のバイト仲間だと、
俺を丁寧に紹介してくれた。
そして、連れて来た友達の年は23才。
生粋の大阪女だった。

「はじめまして・・○○です。全然30代には見えないね〜」

大阪弁で話す、気楽に話しかける彼女を見て、
コミニュケーション能力は高いと感じた。
お互いに色々、世間話しをしているうちに、
割り切り娘は、俺に目配せをして、
後は頼む的な合図を送った後に、
ホテルのコーヒーショップを後にした。

彼女はあいりん地区でスーパーの店員をやっている女だった。
たしか、スーパー出玉と言うのを見たことがある。
ってか、西成とは縁がある。
俺が飛田新地に観光で遊びに行った時に、
たしか、あいりん地区と言われる、
西成を通過したような気がしたからだ。

あそこの思い出も強烈だった。

とりあえず、縁を感じたので、
彼女の見た目は、あまり好みではないけど、
観光案内をお願いすることにした。

今宵の宿泊先は梅田に向かう予定。
梅田で一緒に遊びながら、
恋人感覚で素人娘と一発するのが俺の計画だった。

それから彼女と俺は梅田に向かった。

結論を言おう。

あいりん地区の女とは一発やることはなかった。
その代わりに、友人関係として仲良くはなった。

なぜなら、彼女の境遇や生い立ちがあまりに面白すぎたからである。

梅田の居酒屋で彼女の話しに盛り上がって、
大笑いしまくり。ギャグのセンスも一流だった。

彼女:「アホやな〜あんたわ〜」

俺:「じゅかましいわ・・」

すっかり大阪弁に染められた俺は、
エッチな感情を忘れてしまい、
すっかり意気投合してしまった。

なぜか、予約していたホテルにお持ち帰りする気にはなれなかった。

エッチを対象にできる女と、
笑いを共有できる女の違い。

彼女の見た目だけではない。
可愛くはないが、やれないレベルではない。
ってか、いつもの俺ならば一発しているはず。

両者は相反するのか?ふと疑問に思ったが、
俺の征服欲を極限まで押さえられてしまったのは、
事実である。

なぜなら、彼女と別れた後に、
結局、梅田のホテルにサポの女を呼んだからだ。

見た目はサポの出会いで知り合った、
この女のほうが可愛かったのだが・・

どうにも面白みには欠けた。
思い出にもなりはしない。

梅田ホテル

あいりん地区で働く女には不思議な力を感じた次第だった。
やっぱ、素人のほうが時間を過ぎしていて楽しい。
エッチをするしないではない。
何より、また会いたくなる。
そう強く感じた次第でした。

大阪難波

大阪難波の繁華街での夜。

俺は金流ラーメンを食べてホテルに戻る予定だった。

(ちなみに、こってり系で美味しかった。)

にほんブログ村 恋愛ブログ 口説き方・口説かれ方へ
にほんブログ村

だが、ラーメンを食べ終わった後。

携帯のラインが鳴る。

「昨日はどーも。」

「何していますか?」

俺は、心の中でガッツポーズをした。

前の晩に出会った女にかけていた「おまじない」が効を奏したと確信したからだ。

その女は前日、サポ掲示板で出会った女。

割り切り目的なので、その場限りの出会いのはずだった。

出会った条件はホ別2枚。彼女を3回もイカせたので満足気味。

だが、俺はタダやって終わらせるような、事務的な出会いは嫌いだ。

その出会いを最大公約数的に活かす為に、女に応じて色々な「おまじない」をかけることにしている。たとえ相手が割り切り娘だろうともである。

おまじないとは、相手に過度な期待感を与えることです。

「もしかしたら、いいことがあるかも?」

そう思わせる為の導線を張ると言うこと。

割り切りの女が期待するのは「金」です。

それも、通常の相場よりも良い条件で会えるならば、たいがいのことはやる。

だが、金で女を買うのではないのだ。

金と言う匂いを嗅がせて、相手のほうから近づける戦略を用いる。
相手にメリットを与える代わりに、こちらの要望を突きつける。
それが、バッチリと絵にはまったのが今回の事例です。

前日、ラインのID交換をした女に、俺がかけたおまじないを要約するとこうだ。

「ねえ!素人の女の子を紹介してくれない?」

「難波で友達になれる女性を紹介してくれたらお礼はする。」

「キミと俺はビジネスライクな関係l」

「だけど、大阪で普通の女の子と知り合いたいんだ」

「割り切りとか縁のない素人の子と知り合いたい」

「明日か明後日、観光案内してくれる友達いないかな?」

「もし、俺が気に入る子を紹介してくれたら、大阪で愛人を探している若手社長を紹介するよ。」

提案している場所は大阪の難波駅周辺にある、「モントレ グラスミア大阪」だ。

ホテルモントレ

22階のメチャクチャ綺麗な夜景がある部屋で俺はワインを飲みながら、余裕ある態度で彼女に接していた。

(ちなみに、この部屋で一泊1万1千円は安い)

場所が場所だけに、それに相応しいような提案だった。

もちろん、愛人を探している社長などはいない。

嘘八百である。

ただ、ダメ元で言っているだけでした。

その時の、割り切り娘の態度は平静を装っていた。

「ふ~ん。そうなんだ~」

「変わったことを言う人だね」

「でも、普通の子なんていないよ・・」

女の反応はこんな感じだった。

ま!言うだけは言ってみた程度である。

相手にメリットを与える提案の代わりに、こちらの要望を伝えるのは、割り切りをする女性にとっては、至極当たり前の世界。ただし、普通の女性には倫理観があるので、このような提案は全く通用しない。

相手を見極めて、それに応じた「おまじない」をするのが大切です。

ダメ元だからこそ、「おまじない」と呼んでいます。

合コンが失敗で終わりそうな時。
出会い系で知り合った時
街でナンパしてラインIDを教えてもらっている時。

「常に、何か提案できるものはないか?」

このような思考を俺は意識して実行している。

当然、やらないよりは、やったほうが良い結果に繋がる。
それに、女性に対する、企画力や提案力を付ける訓練にもなる。

大阪での出会いにおいては、見事、クリティカルヒット。

金流ラーメンを食べ終わった後。

前日、割り切りで出会った女から、素人女性を紹介してくれると言う連絡が入ったのだった。

「明日、ホテルのロビーで12時に友達と一緒に会えますか?」

「私との関係は、昔のバイト先での友達だと言うことにして下さい。」

俺の、心がわき踊った瞬間である。

おまじないがヒットしたら、予想以上に嬉しい。

大阪での観光旅行が10倍楽しめるようになったのは言うまでもない。

その素人女性との出会いについては、また次回に書きます。

京都に観光で旅行に行った時のことをお話します。

出会い系サイトでの即アポの効果的な取り方と、
観光を10倍楽しむことができる方法。
この2つをお伝えできるのではないかと想います。

にほんブログ村 恋愛ブログ 口説き方・口説かれ方へ
にほんブログ村

宿泊先はホテル法華クラブ京都。
京都駅の真っ正面に位置する便利な場所である。
京都に来た目的は2つ。
東寺にある国宝の立体曼荼羅を鑑賞すること。
それと、地元の京都女性と肌を重ねて度の思い出を作ることだった。

旅先で見知らぬ女性と縁を作るとすれば、方法は2つ。
ナンパか出会い系サイトの割り切り掲示板を使う。
ここに訪れる前に、既に仕込みはしていた。
京都在住の女性とメールで既に何度か連絡を取っていたからである。
見知らぬ土地に来る時は、出会い系サイトと言うものは便利である。
たとえ、東京に居たとしても、京都に住んでいる女性とコンタクトを取ることができるのだから。
何事も段取り八分である。
おかげで、無理なナンパをしなくても済むことになりそうだった。

しかし、現実は甘くはなかった。
ホテルで出会う約束していた女性からのドタキャン。
京都駅周辺で一緒に飯でも喰って、
抱くという俺の予定は大幅に狂ったのだった。

俺はすぐさまに気持ちを切り替えた。
ホテルの中で複数の出会い系サイトの掲示板をチェック。
割り切りで出会えそうな女を確認してゆく。
1時間以内にアポが取れそうな女にターゲットを絞り込む。
PCMAX アダルト 掲示板
こういう緊急性を帯びた場合には、
注意しなければいけないことがある。

それは、相手の要望を100%飲む姿勢でアプローチすることである。
駆け引きをしたり、条件を下げて出会おうとすると、
タイミングを逃してしまう。
ズルズルと相手を探す時間を費やしてしまい、
結果、誰ともアポを取ることができないという事態になる。
即断即決。まずは、出会うべきである。
変な女が来たら、知らんぷりすれば良い(笑)

なんとか、1人の女と即席でアポを取ることができた。
自称25才。普通体型。写メはなし。

俺の宿泊先まで来てくれると言う。
こういう時も駅周辺にホテルをチャージしていると便利だ。
相手にも、こちらにも有利に働く。
外出はできないと言うことなので、
ホテルの部屋に直接来ることになった。
ホテルの入り口付近で待ち合わせ。
約束通りに25才の女は現れた。
服装はカジュアルな感じで、足下のブーツが色っぽい。
ルックスは悪そうではない感じだったので、
俺は遠慮なく声をかけた。

「どうも〜○○です。○○さんですか?」

この瞬間。第一段階はクリア。
俺の合格ラインだったからだ。

しかし、ここで終わる俺ではなかった。
ただ、部屋に連れ込みエッチだけをすることだけが俺も目的ではない。
相手の女性と、きちんと会話をして、
心の交流をした後でないとエッチをしてもつまらないからだ。
そこで、ホテルの内部にある。
「いろはかるた」という小綺麗な和定食を食べないかと誘う。
女に断る理由があろうはずもない。

それから1時間後。
俺とその女性は仲良くビールを飲みながら、
世間話しに華を咲かせていた。
信頼関係を作ることに成功。

こういう状況を作らないで、
いきなり部屋でエッチをするのと、
仲良くなった後にエッチするのとでは、
雲泥の差があるのだ。

事務的な割り切りよりも、
男女の機知を交わした交流。
これこそが大人の遊びの醍醐味である。
この日は一夜だけの関係で終わった。
しかし、ラインを交換する関係にまでは、
発展することができた。
だから、十分に恋愛&エッチを楽しむことができたといって良い。
軽い京都弁を離す女に萌えることができました。

PS
翌日、東寺にある立体曼荼羅を鑑賞。
精神世界やこの世の理を表した一大絵巻である。
俺の煩悩や邪悪な想いまでを浮き彫りにされた印象があった。
こうして、京都でのミッションは成功した。
地元の女性と肌を重ねてこそ、
本物の観光だというのが俺の持論です。

割り切ったセフレを探しているのは男だけだと思いますか?

大きな声で言います。

「答えはNO!!」

にほんブログ村 恋愛ブログ 口説き方・口説かれ方へ
にほんブログ村

出会い系サイトのアダルト掲示板を見てみてください。
それこそ、毎日のように女性の書き込みが更新され続けています。
あれは、援助交際目的だけではありません。
プロの個人売春婦や業者の書き込みも、もちろんある。
けど、素人女性の書き込みもあるのが事実なんです。

女性の場合は大きな声で、
セフレを探しているとなどは言えません。
ウブな男性は、それに気がつかず、
必要以上に大切に扱ってしまい、
セックスをする機会を、
逃しているケースは山程あります。
女が誘っているサインに、
気がつかないというのは罪悪ですよ。
イイ人ぶっているバカな男性の典型。
こういう人は自分では気がつけないので、
過去の失敗を冷静に受け止める以外に、
手はないでしょう。

女とデートまではできるが、
エッチはできない。
アナタには身に覚えがありませんか?

女性も男性と同様にエッチもしたい、
生き物だと言うことを忘れないでください。
女は30才を過ぎると、
性欲は上昇していくことをご存知でしょうか?
逆に男性の場合は性欲が減退してゆきます。

だけど、女性は性欲に対する理性が強い。
男性と違って態度や言動に表すことはありません。

しかし、昨今事情が変わってゆきました。
女性の性に対する開放化が欧米並に進みました。
女性向けのアダルトビデオが大ヒットだったり、
通販のアダルトグッズの購入者の大半は、
女性のほうが多いのです。

女性の性に対する欲望が、
顕在化されてきたと感じるのは、
著者だけではないのだと思います。

見た目はキレイで品が良い女性でも、
服を脱いだら急変する。
割り切りを探す

そんな経験をオレは何度もしている。
中には涙を流しながら、
快楽に酔いしれる人妻もいるくらいだ。
その人妻はセックスが5年ぶりと、
言っていたのだから驚きだった。
もはや、ボランティアですよ(笑)

女性の言動や態度に騙されないでください。
猫を被るのは女性のほうが上手なのです。
内心はエッチをしたがっていたり、
割り切りの関係を望む女性も多い。
もちろん、女性全員に対して、
言っているわけではありません。

俺が伝えたいのは時代は変わったと言いたいだけ。
大和撫子の時代から性にオープンな時代への変貌。
性に対する割り切った関係を望んでいるのは、
スケベな男性ばかりじゃない。
女性も相当数いるという事実です。



 

 
「愛人(セフレ)ってどうやって作るんですか?」

あくる日、職場の後輩から冗談まじりにそう聞かれた。
彼は超女好きなので内心は非常に興味があるのだろう。
俺の様々な体験談は彼からすれば自慢話しに聞こえるらしい。
彼は妻子持ちなので、真剣にアドバイスをするつもりはない。

だから、俺は、抽象的な表現で彼の質問に答えることにした。

割り切り 愛人

にほんブログ村 恋愛ブログ 口説き方・口説かれ方へ
にほんブログ村

「女を教育するだけだよ。その結果、
愛人になっているもんなんだ。」

後輩は引き下がらずに、なおも質問を続けて来た。

「どうやって教育するんですか?」

俺は内心、そんなものは自分で考えると言いたかったが、
仕方なくこう答えた。

 

「主導権を握ればカンタン。惚れたら負け。
女に惚れさせることが重要だと思うけどね・・」

 

後輩に限らず、愛人を作るには、魔法の方法でもあると考えている男性は多い。
まるで、インスタントラーメンを作るようなレシピがあると思っている。
それは、大きな間違いだ。

たしかに愛人を探すには、金で釣るのが一番効率は良い方法かもしれない。
だけどね。お金じゃないんですよ。金だけじゃダメ。
お金じゃ女の子宮を刺激させることはできないのだ。
俺から言わせると、愛人を探すには良い餌にはなるかもしれないが、
費用対効果が悪すぎる。

金の切れ目が縁の切れ目。と言うではないか。

それに、愛されてもいない女を抱くのは、
ソープ嬢を抱くのと変わりはしない。
だったら、3万円も出せばお釣りがくるでしょ。

割り切りで本物の愛人を探すには忘れてはいけない重要なポイントがある。

それは、女に依存させることに注力すること、
金を武器にするのではなく、愛情を武器にすることなのだ。

例えば、男の立場になって考えるみると良い。

  • 自分の為にキレイでいてくれる。
  • 刺激的なセックスを演出してくれる。
  • 手料理を作ってくれる。
  • 仕事で疲れた体をマッサージをしてくれる。
  • 愚痴の聞き役になってくれる。
  • 必ず自分を褒めてくれる。
  • カッコ良いファッションを提案してくれる。

などなど・・

このように献身的にされると、女性の愛情を感じませんか?
その女性に甘えてはしまわないだろうか?
多少のワガママを言われても聞いてしまわないでしょうか?

実は、男性を自分の都合の良いように、
教育する為に、これらを意図的にやっている女性もいる。

割り切りで愛人を作りたい男性も同じです。

女性がされたら嬉しいことを行う。
もちろん、魚を釣り上げるまでは、献身的に行わなければいけない。
ただし、その分の見返りは大きい。
都合の良い女として、アナタの側から離れられなくなる。
それを、愛人とも言うし、セフレとも呼ぶ。
金を武器に愛情のない人形を飼うのとでは訳が違うのだ。

俺が行う女性に愛情を注ぐ行為とは以下の通りだ。

  • 徹底的に聞き役に徹する。
  • 同情や共感に勤める。
  • 女の嘘を指摘しない。
  • 長所を発見して褒めてあげる。
  • 小さな思い出をを演出してあげる。
  • 友達の目の前で彼女を自慢する。
  • 行ったことがない場所に連れて行く。
  • アットホームな雰囲気を作る。
  • 定期的にサプライズなプレゼントを行う。(1000円以内)
  • 自分の弱みを意図的に見せる。

これらの行為を継続的に行うことで、女性はアナタに依存してくる。
アナタに妻や彼女がいても関係はなくなるのだ、
なぜなら、愛人となるべき女は、アナタの妻や彼女に優位性を抱くからなのだ。
アナタの妻や彼女よりも、私だけを愛してくれている。
相手にそう思わせることができれば、結果、愛人やセフレと言った関係が出来上がるのだ。

もしも、1ヶ月以内に愛人を探したい男性には、出会い系サイトを利用すると良い。
割り切りの出会いで縁を作った女にも同様のことをしてあげる。
精神疾患や元来依存症のある女性には、かなり強力な手法だ。
サイトを利用している女には非常に多いから有効である。

悪用しないことを信じて具体的な方法に進んでゆくとしよう。

有名出会いサイトのアダルトコーナーにある検索機能を使う。
PCMAXを例にした場合。

1アダルトコーナーに進む
2検索機能を使う
3以下のキーワードで検索する
愛人,パパ,食事,SM,定期,浮気したい,
4検索キーワードに該当した女にメッセを送る。
5相手が条件提示していれば要求に100%応える。
6紳士的な対応で会う
7必ず次も会う約束をする。
8教育を実行。

 

最後に大切なことを、もう一つだけ付け加えておこう。
きっと、ワカル人だけにはワカルことでしょう。

 

「自分の本当の理解者を作るには、
その相手の奴隷になることである。」

 

たしか、ニーチェも似たようなことを言っていたような気がする。
でもまあ!俺の経験による言葉です(笑)

全くにゼロから新しい出会いを作るには3つの方法がある。

大きく分けて3つだ。

日常を過ごしている中で、必ずこの3つのどれかが、
アナタに新しい出会いをもたらしているのである。

出会いを作る

にほんブログ村 恋愛ブログ 口説き方・口説かれ方へ
にほんブログ村

偶然的・必然的な出会い

僕は公務員なので、仕事は定時の17時30分で終わる。
毎日、真っ直ぐに家に帰ってテレビをつけて、
冷蔵庫の中のコーラを飲むのが日課だ。
ご飯を食べて、お風呂に入り、大好きな映画を見終わった後に寝る。
こんな生活を続けて1年になる。

「新しい出会いなんて面倒だし求めてもいない。」

しかし、この生活が一転したのは、大好きな映画に影響を受けて始めたサーフィンがキッカケだった。
最初は一人で始めたサーフィンだった。
しかし、海やサーフショップに通い出すようになってからは変化が訪れるようになった。

毎日、毎日、新しい出会いの連続だったんです。
一緒にサーフィンをする友達もできて、
その友達からの紹介をキッカケに愛する彼女までできた。
退屈な日常から、スリリングな毎日に変わったのは、
たった一つの僕の行動でした。
オドオドしながらも、サーフボードを買って、
海に初めて一人で、レンタカーで出かけていったあの時。
僕自身の物語が始まりました。
そこから始まった新しい出会いの連続はすべて偶然です。
けど、僕には必然的であったような気がしてならない。

能動的な出会い

12月上旬、週末の土曜日。俺は一人で部屋で悶々としていた。
友達に電話をして遊びに誘っても、
全員、予定が入っており断られてしまった、
鳴らない携帯電話を未練がましくイジりながら、
貴重な時間はどんどんと失われていった。
可愛い女の子をGETしに行きたい気持ちだけが膨れ上がる。
そろそろ、クリスマス。俺と同じ想いを抱いている女も必ずいるはず。
自分勝手な解釈を繰り返しながら、
何もできずに部屋にいる自分に苛立ちを覚えてきた。
深夜11時。俺は意を決して飛び起きた。
終電の直前。渋谷のクラブに一人で行くことを決めたのだった。

「足踏みしても靴底が減るだけで進みやしねえ。」

それから、約2時間後。
俺は渋谷のクラブで自分好みのギャルと楽しく会話していた。
翌朝、彼女と一晩を過ごした俺は、自分の部屋に戻った。
慌てて家を出たので、部屋の照明は付けたまま。
照明を消した瞬間。
あの時に行動して良かったという、安堵の思いが浮かんだ。
もしも、この部屋に、あのまま居たと考えたら。
俺は自分の行動に、誇らしい思いを抱いた。

出会いを金で買う

私の年齢は42才。一度は結婚したが、去年離婚をしたばかり。
中年の寂しい一人暮らしは、想像を超えるものがあった。
新しい彼女を作り、再婚をすることを望んで再出発をしたが、
現実は甘くないことを思い知る。
そもそも、どのようにして出会いを作ったら良いかすらわからない。
頭もハゲかかっているし、腹も出ている。
こんな中年オヤジに惹かれる女はいないだろう、
でも、幸い、私には貯金が500万程あった。
このまま、貯金を切り崩しながら、地味に生活をするか?
もしくは、新しい彼女を作り、再婚をする為に、この貯金を使うか?
私はしばらく悩んだ末に結論を出していた。

まず、最初に、お洒落なデザイナーズマンションを借りた。
勝負は短期間だと決めていた。理由は42才の今が一番若いからだ。
この一番若い時に全力を尽くすのがベストだと私は考えていた。
ファッションも研究して、店員にアドバイスを貰いながら、
自分の年齢に似合うお洒落な服も上から下まで全部買い込んだ。
美容院で女性ウケする髪型にもしてもらった。
月に一度は、ワイン愛好家の集いにも参加をした。
洗練されたお洒落な大人のバーにも週一で通いだす。
若い女性とのコミニュケーション能力も取り戻したかった。
その為には、カッコ付けるだけではいけない。
若い女性との場数も踏まなければいけないと私は考えたのだ。
自宅に若いデリヘル嬢を呼んで、会話だけを目的にしたコミニュケーションを図ってみた。
出会い系サイトにも登録してメールやチャットのスキルを高める努力もしてみた。
キャバクラにも通い、キャバ嬢の心理を研究したりもした。
しかし、あくまで見た目はオヤジである。
ガツガツした態度で口説いたとしても、
若い女性の心を射止めることはできないことを私は理解していた。
大人の私にできることは、彼女達の聞き役に徹するだけだ。
新しい出会いを大切にして、そこから生まれる「関係性」を育ててゆくことだけを考えた。

「この関係性には年齢差など問題ではないのだ。」

少しづつではあるが、努力が身を結びつつある。
いつの間にか、私の携帯電話には女性の連絡先が50件を超えていた。

週に2~3人くらいの女性から、
遊びの誘いの連絡も来るようにもなった。
それから、およそ、約半年後。
私の子供ができたことを、キャバクラで知り合った23才の女性から聞かされた。
彼女と私は年齢差を超えた恋愛関係にあったのだった。
私は彼女に結婚を申し出て、彼女からのイエスを貰った。
できちゃった結婚ではあるが、彼女も幸せだと言ってくれている。
望んでいた生活が、ようやく手に入ったのである。

私は、これまでのストーリーを友人の後輩にタップリと聞かせてあげた。
その後輩は、このストーリーをwebの記事に書いて良いかと私に聞いてきた。
中高年の出会いに役立つなら、私は大賛成である。

まとめ

私の経験や周囲にあった実際の出来事を簡易に語ってみました。
新しい出会いを作るには、この3つの方法のどれかです。
個々のストーリーに含まれるエッセンス。
どれも結果を生み出す為に必要なものばかり。
アナタにとって、お役に立てれば幸いだ。
良い出会いを求めてくださいネ。

無料で試せる優良コミニュティ
http://sokuai69.net/main.php